« 山陰本線 余部鉄橋 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月30日 (火)

値上げの理由は説明されていますか?

 皆さんの扱っていらっしゃる商品の値上げ理由はきちんと説明されていますか?

 実は、自分がユーザーとなっているサービスの値上げが発表されました。
 値上げは新規のユーザーとなる方が対象になるので、若狭には実質的に損失はありませんが、いろいろ考えさせられました。

 Webページでですが、
 「価格改定のお知らせ」では、9%の値上げが説明されていました。
 ところが、複数のWebページを見比べてよく読むと、その内容量は63%になるようでした。
 その結果を計算しますと、73%の値上げということがわかりました。

 値段の決定権は、そのサービスを提供する側にありますし、それ相応のサービスが提供されれば、『妥当』ということになろうか、と思います。

 しかし、近頃の原油や穀物の値上がりのような一見わかりやすい理由であれば、納得もしやすいものです。(表向き言われていることが本当だと信じるには、釈然としない部分を感じていますが、ここでは"わかりやすい理由"の例としましょう。)
 この場合は、実質73%値上げです。問題は3点あります。

 ●かなりの値上げなのに、実質値上げ率がわかるように明記していないこと
 ●値上げの理由が明記されていないこと
 ●ユーザーの視点で、『なるほどもっともだ』『ユーザー側の利点』と思える理由付けがされていないこと

 「損失を出してまで経営をしろ」とは考えていませんが、お客様が納得して、かつ「さらに応援してやろう」と思っていただけるような情報開示は必要ではないか、と思います。

 さて、皆さんは、仕事を継続して行えるだけの料金を請求できていますか?
 過去の値上げのときに、お客様にとっての利点を説明されましたか?
 経営する立場、お客様の立場で振り返ってみてください。

※ただ、この場合はサービスです。
 内容量が多ければよいというわけではありませんね。
 つまり、たとえば
 『あなたが病気で手術を受けるとします。結果は同じです。2時間で終わる手術、と10時間かかる手術をする2つの病院があります。』
 では、どちらを選びますか?支払額はどちらが高いときに納得されますか?
 という視点も忘れてはなりません。

|

« 山陰本線 余部鉄橋 | トップページ | 2007年11月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214675/16917195

この記事へのトラックバック一覧です: 値上げの理由は説明されていますか?:

« 山陰本線 余部鉄橋 | トップページ | 2007年11月 »