« 2007年11月 | トップページ | [Webサイト]沖縄のモモタマナ »

2007年11月 2日 (金)

「アイスブレイク」と「ブレイク・ジ・アイス」

 皆さんは、「アイスブレイク」と「ブレイク・ジ・アイス」という言葉をご存知ですか?
 若狭が最初に知ったのは、「ブレイク・ジ・アイス」でした。
 記憶に残っている範囲で記すと、・・・・・

 パーティなどで数人で話している時に、エアポケットのように話が止まってしまうことがあります。気に入った仲間内同士でもです。もっとも、パーティですから、普段話さないような方と楽しい時間を過ごすのが大人というものですが。
 余談は横においておいて。
 そんなエアポケットの状態を「アイス」と例えて、皆が楽しく話をしやすい雰囲気を作ろうとすることを「ブレイク・ジ・アイス」といいます。
 そのネタは何でも良くて、くだらないジョークでも、手品でも、何でも許されます。パーティに出席するためには、ジョークなどのネタを仕込んでいくのもまた大人のたしなみだそうで。

 新装版 おしゃべり用心理ゲーム,2006,パキラハウスの宣伝に、

 『気まずい沈黙や話し相手との緊張を「ブレイク・ジ・アイス(氷を溶かす)」する』

 と書いてありました。

 そんな「ブレイク・ジ・アイス」が若狭の常識でした。


 ところが、コーチングを学び始めると「アイスブレイク」が出てくるんですね。
 似たような単語が同じだからおよそ想像がつきましたが、いつの時点で使うかというと、「最初」だというんですね。

アイスブレイク

 アイスブレイク(アイスブレイキング)とは、会議やセミナーや体験学習でのグループワークなどの前に、初対面の参加者同士の抵抗感をなくすために行うコミュニケーション促進のための2人以上で行うグループワークの総称。

    出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

 アイスブレイクの目的は、"抵抗感をなくして"、「声を出す」「自分を出すことを思い出す」「気持ちを前向きにする」「参加している実感を持つ」「場の雰囲気を和らげる」ことなので、グループワークだけではなく、小話でも、小さな質問でも、何でもいいとは思うのですが。

 最初は驚きましたが、今では慣れました。
 近い言葉でも意味や遣われる状況にはかなり大きな違いがあるものです。

|

« 2007年11月 | トップページ | [Webサイト]沖縄のモモタマナ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214675/16948192

この記事へのトラックバック一覧です: 「アイスブレイク」と「ブレイク・ジ・アイス」:

« 2007年11月 | トップページ | [Webサイト]沖縄のモモタマナ »