« 11月15日はお出かけでした | トップページ | 改行の多いメールが多いですね »

2008年11月19日 (水)

郵便番号と住所は対応していますか?

 あなたの郵便番号と住所は対応していますか?

 「何を当然のことを!」と思われるかもしれません。
 でも、違っていることが多いのですよ。

 何のデータからこの話をしているかといいますと、
 名刺交換させていただいた方のデータをパソコンに入力しておりますと、10人中1~3人は間違っていることを発見するからです。

 だいたい、この3つのパターンがあります。

  1.郵便番号が間違っている。
  2.町域名が間違っている。
  3.通称、省略がある。

 順番に見ていきましょう。
 「1.郵便番号が間違っている。」
 これは、本当に間違っているのですね。
 可能性として、
   ・引越し前の郵便番号
   ・自宅などなじみの郵便番号
   ・原稿のタイプミス
   ・印刷屋さんのタイプミス

 「2.町域名が間違っている。」
 これも同様に、
   ・引越し前の町域名
   ・自宅などなじみの町域名
   ・原稿のタイプミス
 なお、町域名とは、区市町村より詳細な地名のことを言います。

 「3.通称、省略がある。」
 戦前からあるような住宅地、集落の場合は、郵便番号簿に載っていないような町域名になっていることがあります。
 小字(こあざ:使われなくなった場合も含む)が書かれていたり、小字のみの場合もあります。
 また、この話とは少し違いますが、京都市内の住所は大変です。
 「町名」だったり。「通り名」だったり。
 このあたりになると、いわゆる"間違い"とはいいづらいので、そのまま信じて登録しています。

 なぜ、このような間違いがあるか?
 明らかに、
   ・思い込み
   ・確認ミス
   ・前の名刺から間違えていた
 ですね。

 今一度確認してみてください。
 もしかすると、郵便番号や住所は正しくても、電話番号やメールアドレスが間違っているかもしれませんよ。

(※名刺の中に、メールアドレスに"/"を使っているものがあったのだけれど、間違いだろうなあ。そのほかに、090で始まる番号の頭に"FAX"ってあったけど、消し忘れだろうなあ。)

|

« 11月15日はお出かけでした | トップページ | 改行の多いメールが多いですね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214675/43159011

この記事へのトラックバック一覧です: 郵便番号と住所は対応していますか?:

« 11月15日はお出かけでした | トップページ | 改行の多いメールが多いですね »