« 2010年7月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年10月の記事

2010年10月29日 (金)

勉強会やセミナーの申し込みを受け付ける方法

 これまで、コーチなどが勉強会やセミナーを開催する際に公開するメールアドレスなどについて書いてきました。
   「「コーチング・セミナー情報掲示板 in 関西」掲載希望の方へのお願い
    http://ameblo.jp/core-infinity/entry-10685243694.html
   「公開用メールアドレス
    http://ameblo.jp/core-infinity/entry-10573098187.html
 で、「じゃあどうしたらいいの?」と質問を受けました。
[要約]
 無料のメールフォームを利用しましょう。
 そのメールフォームからの受信用アドレスは、フリーメールアドレスを利用しましょう。
 です。
●第1段階 フリーメールアドレスを取得しましょう。
 有名どころでは、
   Gmail  Gmailを作成
   Yahoo!  Yahoo!メールを作成
   Hotmail Hotmailを作成
 などがあります。
 Gmailは、Googleドキュメントで書類をメンバーで共有したい場合や写真を公開したい場合にアカウントを持つ必要があります。
 Yahoo!Mailは、Yahoo!ブリーフケース、Yahoo!メーリングリストを使うときには、持っていたほうが個別の設定ができて便利です。
 Hotmailも同様です。
 この中で一番は、『Gmail』かな?
 「普通に大丈夫で便利だけど、癖がある。」と感じています。
 かつて、フリー・メールアドレスというと、
   「アドレスを使い続けられるか、信用できない」
   「いつでも捨てられる、無料のアドレスを使っている人を信用できない」
 という印象がありました。
 それからするとGmailをフリー・メールアドレスと言っていいか、「?」な気持ちにもなりますが。
●第2段階 メールフォームを利用しよう
 コチラも有名どころでは、
   フォームズ http://www.formzu.com/
   ふぉーむまん http://www.formman.com/
 最近知ったところで、
   せっかくメールフォーム http://fm.sekkaku.net/
●第2段階の脇道 出欠フォームを利用する
 知り合いばかりであれば、こんなのもありです。
   ちょー助 http://chosuke.rumix.jp/home.aspx
   伝助   http://densuke.biz/
   調整さん http://chouseisan.com/schedule
 で、この第2段階の連絡が来るようにするメールアドレスを、第1段階のフリー・メールアドレスに設定すればより確実です。
   なぜか?
 申込者とのやりとりに、プロバイダーのメールアドレスを使ってしまったら、それが広まることになります。
 アドレス収集のために、申し込みをする人がいるかもしれませんし。
 今のところ、こんなところかな。
※ほんとの余談ですが、
 ・一般の方とのやりとり用(つまり公開用)のメールアドレス
  (↑営業用でもあるので、これも結構大切)
 ・親しい人とのやりとり用(非公開)のメールアドレス
 ・メルマガ登録用のメールアドレス
 は、分けています。
 Spamがいっぱい来て、まぎれちゃった大切なメールを拾い出すには、「何が何でも探し出す」「その時はその時」の区分があると、かなり気が楽です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

「コーチング・セミナー情報掲示板 in 関西」掲載希望の方へのお願い

このBlogに書いていいものか判断していませんが、
Webに記事を書く際の心得として役立つかと思って記します。
私(Yoshi:よし)は、DTIのBlogを使って「コーチング・セミナー情報掲示板 in 関西」というサイトを運営しています。
掲載した情報は、毎週1回、2週間分をTwitterで流しています。
セミナー情報をいろいろいただくのですが、たまに困ってしまうことがあります。
   ・コーチングの関係でも、コーチングをやっている人が別テーマで開催するセミナーでもない
   ・長い
   ・PDFで届く
   ・Wordで飾り付けられた文章が届く
   ・主宰者名が抜けている
   ・申込み先が、メールアドレス、「私のアドレス」、「これに返信してください」などと書かれている。
で、このようなお願いをしています。

==「コーチング・セミナー情報掲示板 in 関西」掲載希望の方へのお願い==
テキストのベタうち、昔の四角いパソコンの画面でスクロール2回くらいまでの分量としてください。
主催者名を必ず書いてください。
また、申込みフォームもしくはご自身のWebサイトのURLを記してください。
※WebサイトやPDF、Wordファイルからの拾い出しは、できません。(無償サービスのため)
※※メールアドレスや電話番号の記載はお断りします。個人情報の管理に責任を持てませんので。それでも「構わない」という方は、その旨付記してください。
※※※内容が趣旨にそぐわない場合は、お断りすることがあります。


でも、そのお陰で、私(Yoshi:よし)の告知は、そのあたりの加減を按排できるようになりました。
ありがたい話です。
デモでも、これからの原稿は、きちっと守っていただけたら嬉しいですね。
本来不要な作業が入ると、ほかの作業の後回しになりがちです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

Facebook

 最近、Facebookの管理画面を開くことが多いです。
 見よう見まねで、いろいろいじっています。
 今は、下記2つのファンページを運営しています。
   ・日本コーチ協会 京都チャプター
   ・カフェ・サードプレイス
 自分が使いたい範囲がわかれば、何とかなるものです。
 現在探しているのは、
   「2つのファンページから別々のTwitterアカウントにTweetする方法」
   「ファンページへの投稿を、ファンのニュースフィードに表示させる方法」
   「ファンページのURLの設定方法」
 です。
 どなたかご存知でしたら、教えてください。
 1つ目については、
 一つのファンページからはTweetできている。
 自分の投稿をTweetする方法も知っているのですけれどね。
 2つ目は、「アップデートを送信」すればできるようであるが、
 何をどうすれば、「アップデートを送信」なのだろうか?
 3つ目は、ファンの数が増えたら変更できるようになるらしいです。
 証拠はどこにもありませんが。
※ヘルプは必要と思う項目が出てこないし、
 「友達に紹介しろ」とうるさい割りに「友達登録している人の設定」を変更しようとしてもよくわからない。
 「友達」には、メールアドレスが公開が、標準設定になっていたり。
 不具合というか、直感的なインターフェイスっぽいけれど違う、のでイライラが募っていましたが、「まあいいか」となりつつあります。
 日本語のマニュアル本を買おうと思っているうちに自分でわかるようになりました。
 それでも買おうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月15日 (金)

携帯電話のメールアドレス宛に送信できない

 お久しぶりの記事です。
 私(Yoshi:よし)は、日本コーチ協会 京都チャプターの事務局を担当しています。
 そのため、例会の申し込み受付、問合せへの回答などを行っています。
 今回困ったことが起こりました。
   『パソコンからメールが送れない』
 のです。
 もう少し詳しく書きますと、
   『携帯電話のメールアドレス宛に、パソコンからメールが送信できない』
 です。
 いろいろ調べましたら、2つの要因があることがわかりました。
   1.パソコンからのメールを受信拒否している可能性がある。
   2.携帯電話だけで例外的に許されているメールアドレスの書き方がある。
 それぞれ詳しく見ていきましょう。
1.パソコンからのメールを受信拒否している可能性がある。
 これは、受信できるように設定を変えていただくよう、お願いするしかないですね。
 こちら側も、送信アドレスは必ず同じものから送るように、十分注意する、と。
 逆に、メルマガ送信者で、送信アドレスをどんどん変えていく人がいます。
 メールソフトでの振り分けが効かないので、困ることがあります。
 彼らは、迷惑メールと思われていることを、十分承知してやっているのでしょう。
 と言っても、私はそんな人たちとは違うから、「決めたアドレスから送信する」ことを約束すればいい訳です。
2.携帯電話だけで例外的に許されているメールアドレスの書き方がある。
 困るのがこの場合。
 携帯電話では許されているけれど、メールアドレスで原則として禁止されている形式があります。
   ①「@」の直前に「.(ピリオド)」を置く
      例:xxxxxx.@xxx.xxx.xxx
   ②「@」の前の部分に「.(ピリオド)」を連続して置く
      例:xxx...xxx@xxx.xxx.xxx
 これら禁止事項は、インターネット上で、先に使う場所が決められている場合が多いです。
 この場合は、メールアドレスを変更していただくしかありません。
 事務局からのお知らせは、一斉送信させていただくことが多くあります。
 一部の方のために、同じ文章を「私物の携帯電話で打ち直して送信する」訳にもいきません。
 携帯電話同士は、
   ・最初にそれを許した携帯電話サービス会社があった。
   ・「受信は寛容に、送信は厳密に」の原則で、携帯電話サービス同士では、送受信ができるように工夫されている。
 でも、一般のメール利用者とメールサービス提供業者は、そんなことは「知りません」し、「間違った使い方をサポートしない」ものですから、携帯電話利用者にメールが届きません。
 送信側の方は、十分承知してください。
 携帯電話利用の方は、メールアドレス作成時に、正しいメールアドレスの形式で設定してください。
 「PCからの迷惑メールが来ないからいいや」じゃなくて、大事なメールも届きませんから、よろしくお願いします。
《参考サイト》
 以下のWebサイトを参考にしました。
携帯電話のメールアドレスにおけるピリオドの扱い
http://hxxk.jp/2005/03/15/2158
携帯電話のアドレスにメールが送信できない(信州大学 情報総合センター)
http://iicweb.shinshu-u.ac.jp/html/iic_web/iic_faq/cat35/post-30.html
ns1、alphaから携帯アドレスへメール送信できない
http://alpha.shudo-u.ac.jp/~helpdesk/mail/keitai-1.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年12月 »