« 「コーチング・セミナー情報掲示板 in 関西」掲載希望の方へのお願い | トップページ | スカイプで障害発生 »

2010年10月29日 (金)

勉強会やセミナーの申し込みを受け付ける方法

 これまで、コーチなどが勉強会やセミナーを開催する際に公開するメールアドレスなどについて書いてきました。
   「「コーチング・セミナー情報掲示板 in 関西」掲載希望の方へのお願い
    http://ameblo.jp/core-infinity/entry-10685243694.html
   「公開用メールアドレス
    http://ameblo.jp/core-infinity/entry-10573098187.html
 で、「じゃあどうしたらいいの?」と質問を受けました。
[要約]
 無料のメールフォームを利用しましょう。
 そのメールフォームからの受信用アドレスは、フリーメールアドレスを利用しましょう。
 です。
●第1段階 フリーメールアドレスを取得しましょう。
 有名どころでは、
   Gmail  Gmailを作成
   Yahoo!  Yahoo!メールを作成
   Hotmail Hotmailを作成
 などがあります。
 Gmailは、Googleドキュメントで書類をメンバーで共有したい場合や写真を公開したい場合にアカウントを持つ必要があります。
 Yahoo!Mailは、Yahoo!ブリーフケース、Yahoo!メーリングリストを使うときには、持っていたほうが個別の設定ができて便利です。
 Hotmailも同様です。
 この中で一番は、『Gmail』かな?
 「普通に大丈夫で便利だけど、癖がある。」と感じています。
 かつて、フリー・メールアドレスというと、
   「アドレスを使い続けられるか、信用できない」
   「いつでも捨てられる、無料のアドレスを使っている人を信用できない」
 という印象がありました。
 それからするとGmailをフリー・メールアドレスと言っていいか、「?」な気持ちにもなりますが。
●第2段階 メールフォームを利用しよう
 コチラも有名どころでは、
   フォームズ http://www.formzu.com/
   ふぉーむまん http://www.formman.com/
 最近知ったところで、
   せっかくメールフォーム http://fm.sekkaku.net/
●第2段階の脇道 出欠フォームを利用する
 知り合いばかりであれば、こんなのもありです。
   ちょー助 http://chosuke.rumix.jp/home.aspx
   伝助   http://densuke.biz/
   調整さん http://chouseisan.com/schedule
 で、この第2段階の連絡が来るようにするメールアドレスを、第1段階のフリー・メールアドレスに設定すればより確実です。
   なぜか?
 申込者とのやりとりに、プロバイダーのメールアドレスを使ってしまったら、それが広まることになります。
 アドレス収集のために、申し込みをする人がいるかもしれませんし。
 今のところ、こんなところかな。
※ほんとの余談ですが、
 ・一般の方とのやりとり用(つまり公開用)のメールアドレス
  (↑営業用でもあるので、これも結構大切)
 ・親しい人とのやりとり用(非公開)のメールアドレス
 ・メルマガ登録用のメールアドレス
 は、分けています。
 Spamがいっぱい来て、まぎれちゃった大切なメールを拾い出すには、「何が何でも探し出す」「その時はその時」の区分があると、かなり気が楽です。

|

« 「コーチング・セミナー情報掲示板 in 関西」掲載希望の方へのお願い | トップページ | スカイプで障害発生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214675/56983867

この記事へのトラックバック一覧です: 勉強会やセミナーの申し込みを受け付ける方法:

« 「コーチング・セミナー情報掲示板 in 関西」掲載希望の方へのお願い | トップページ | スカイプで障害発生 »