« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年1月の記事

2011年1月 9日 (日)

Amazonのサイトで、「最近チェックした項目」が増える、消える

 タイトルのとおりなのですが、

   『Amazonのサイトで、「最近チェックした項目」が増える、消える』

 に遭遇しました。
 自宅のデスクトップパソコンで、一人暮らし。ほかの人が家に入ることはありません。

 「最近チェックした項目」が増える:
 普段の作業、趣味とまったく違う
 ドラゴンクエスト何とか、音楽CD、iPhoneのクリアシール
 がズラズラと並んで、イヤーな気分になりました。

 イヤというよりも、Amazonが何で判断しているかわかりませんが、誰かが近くで?別の場所で?私の使っているネットを使っているように感じられました。
 場合によっては、乗っ取られているのかも。
 通常のセキュリティは心がけているので、それは無いはずですが。

 で、コチラが見えているということは、相手にも見えているということ。
 私のいろいろな傾向を、こんな形で出すのはイヤです。

 ただ、Amazon側の問題と思っていたわけではなく、プロバイダー関係、家庭内無線LAN関係の可能性もあったので、問題切り分けのために、

   「Amazonでは、何が一致したら同じ人と判断しているのですか?」

 という問合せをしました。
 メールで返ってくる回答はいつも頓珍漢なものでした。

 で、Amazonに問い合わせて電話で話していましたら、

 「最近チェックした項目」が消える:
 が起こりました。まるで何かを察知して誰かが削除したかのように。
 ちょうどそのタイミングでしたので、話しながら思わず「ウワッ」と声を上げてしまいました。

 コーチングなどの諸々の書籍をよく調べますので、「最近チェックした項目」は、備忘録のような感じでも使えていました。
 「最近チェックした項目」を表示しない、という設定にするのは、利便性が悪くなるのと同時に、下記の恐れを解決せずに見ないで置くというだけです。

 私の恐怖として、
   ・人の趣味趣向を知りたくない
   ・私のマイブームを知られたくない
   ・Amazonで登録しているクレジット番号など個人情報を抜き取られないか?
   ・ほかのユーザー情報、パスワードを抜き取られていないか?
   ・十分注意しているが、私のネットが乗っ取られていないか?
   ・パソコン内のデータなど、閲覧されていないか?

 などがあります。
 Webで調べたら、「そういうことある。気にすんな。(2ちゃんねる?)」というコメントもあり、実際にあることのようです。

 あまりに怖いので、上記の条件を伝えて恐怖を感じていることもあわせて伝えたら、
   ・公共のパソコンでサインインしたことがないか?
   ・自宅のパソコンをほかの人が使わないか?
   ・クッキーなどを消去してみては?

 という返事だったので、電話をもらうように依頼し、ここ2か月ほど、合計4回ほどお話をしました。
 そして、メールで今日届いた返事が、

続きを読む "Amazonのサイトで、「最近チェックした項目」が増える、消える"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 8日 (土)

『年賀状データ入力サービス』

『年賀状データ入力サービス』
 いつもご覧頂きましてありがとうございます。
 訪問できる範囲の方に、パソコン指導サービスを提供しています若狭です。
 このたび新たに、年賀状の住所データ入力サービスを提供します。
 新年の名刺交換後の名刺データ入力サービスもご希望に応じて承ります。
 訪問、年賀状預かり、どちらでも結構です。
 お申込みは、以下の項目を書いてコチラまでお送りください。
 ・お名前:
 ・ご住所:
 ・希望日時:
 ・方法(必要な側を残してください):訪問 ・ 年賀状預かり
 ・コメント(枚数など大まかな分量をお教えください。):
 年賀状は、たくさん届きましたか?
 写真を見たり、お知らせいただいた近況を読んで幸せな気持ちになったりされたことでしょう。
 ところで、
 見知った人でも転居されていたり、「引っ越しました」と書いていないのに住所が変わっていたりすることがありませんか?
 というか、データ化されていない場合は、変更があったことを気づかれていますか?
 届いた年賀状はどのようにデータ化されていますか?
 もちろん、お年玉付き年賀葉書の当選番号を調べた後は輪ゴムでくくって保存し、次の年賀状を書くときにそれを見ながら、という方もいらっしゃるでしょう。
 葉書の紙の質感も捨てきれないのはよくわかります。
 紙が良い方はそのままお続けください。
 でも、他にこのような方法があります。
   ・年賀状印刷ソフトのデータを「今」新しくする。
   ・年賀状印刷ソフトのデータを、次の年賀状作成時に新しくする。
   ・スキャナですべて取り込んで、パソコンにデータ化させる。
 スキャナは高性能になりました。
 日本語文字化(=OCRといいます)もかなり精度が高くなりました。
 画像として取り込んで、紙の年賀状を感謝をしつつお焚き上げするのもありです。
 でも、昨年末私が名刺で試みた範囲では、読み取りまではうまくいっても、過去のデータと付き合わせるところで苦労しました。
 結局、手と目で入力をしました。
 新住所への更新、電話番号、メールアドレスの追加などは、手作業でやるしかありません。
 すべてのデータを一言一句見比べるのは、かなり神経を使う作業です。
 最近の作業で、送ってくださった方が「郵便番号」や「電話番号」「メールアドレス」を間違っていらっしゃるのを発見しました。「番地」が違っていたものもあり、これは私が入力時に読み間違えたのでしょう。
 どちらが正しいか、悩みました。
 その作業を代行します。
 あなたの楽しみを奪ってしまうことになりますが、「楽」をしませんか?
【作業までの流れ】
 予約 → 作業 → 現金支払いもしくは振込み
【作業内容】
 「訪問」の場合:下記のどちらか
   ・ご指定の年賀状印刷ソフトへのデータ更新
   ・エクセルファイルへの入力(実際にお使いの住所録ファイルのフォーマットに合わせます)
 「年賀状預かり」の場合:下記のどちらか、もしくは両方
   ・エクセルファイルへの入力(実際にお使いの住所録ファイルのフォーマットに合わせます)
   ・スキャナで表裏とも画像化(PDF)
 ※年賀状まで印刷可能な「年賀状印刷ソフト」をお勧めします。
  または、顧客管理ソフト(ファイメーカーPro版)も扱っております。お問合せください。
 ※※「訪問」は、JR草津駅(東海道線)より列車で1時間以内の方に限らせていただきます。
【作業可能時間】
 「訪問」の場合は、午後~夜。
 ご都合の良い日時をお知らせください。
 ただし、お受けできない日、時間があります。
 予約時に、複数の希望日時を挙げてください。
 「年賀状預かり」の場合は、ご送付ください。
 作業後、データと一緒に返送いたします。
【料金】
 10分間500円
 「訪問」、「年賀状預かり」ともに、ストップウォッチで時間を計測して10分未満切捨てとします。
 「訪問」の場合:交通費
 「年賀状預かり」の場合:郵送料
 その他経費がかかった場合は、実費をご負担ください。
【御支払い方法】
 現金支払い、もしくは三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行のどちらかに。
【お申込み】
 お申込みは、以下の項目を書いてコチラまでお送りください。
 ・お名前:
 ・ご住所:
 ・希望日時:
 ・方法(必要な側を残してください):訪問 ・ 年賀状預かり
 ・コメント(枚数など大まかな分量をお教えください。):
 お申込みいただきましたら、日時を決定して返信します。
 即座に返信できない場合があります。最大1日お待ちください。
【約束】
 守秘をお約束します。
 「年賀状預かり」の場合も、作業終了後、お客様からデータ閲覧報告を受け、ご入金を確認、両方を確認した時点で消去します。
 データお受け取り後、できるだけ早く年賀状とデータを見比べてください。
 入力ミスを0にすることは残念ながらできません。ご入金までの間に発見された場合は、1件に付き100円減額させていただきます。現金もしくはご入金後は、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行の口座へ返金いたします。ただし、データお渡し後1年間を保障期間とさせていただきます。
※上記は、2011年3月末日までの条件です。
 適宜見直しています。
 最新情報をご確認ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 3日 (月)

Facebookの友達申請で感じたこと

 Facebookでは、「友達申請」時に

○○さんに友達リクエストが送信されます。友達リクエストは知り合い以外には送らないようお願いします。


 と表示されますが、「ユーザーの自己責任」に逃れる方便です。
 何度かのバージョンアップのためか、最近はそれほど感じなくなりましたが、
   「友達を増やそう」
 と恐怖を感じるほど繰り返しメッセージが表示されました。
 Facebook的にも、顧客を探す鷹の目のような人たちには嬉しい機能かもしれないですが、はっきり言って、
   よけいな御世話
 です。
 私(Yoshi:よし)には、私なりの使い方があるのです。
 ほかの人には、ほかの人の使い方があるのです。
 ゴールもプロセスも指定してやらさせるのは、「人として尊重されたやり方」ではありません。
 と感じたことを書いてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »