« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月の記事

2013年11月 3日 (日)

定型文入力のソフトウェア(Windows版)

RIMG1143

 「猫まねき」をWindows XPで便利に使ってきました。
    http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se155310.html
 Windows7 32bitで使えていると報告があります。
 しかし、作者から公式には、

   「XP版で開発修了。
    シェアウェア版は、フリーウェア版に移行して公開」

 とアナウンスがありました。


「猫まねき」の機能
 ●キーボード配列の変更
 ●入力代行(短文入力、定型文入力、今の日時入力)



 そのため、Windows8 64bit でも使える「短文」「定型文」を入力できるソフトウェアを探していました。
 (キーボード配列を変更するソフトウェアは、別の機会に探します)

 それなりに使えそうなものを見つけました。

    『Clibor
     http://www.amunsnet.com/soft.html

 クリップボードに保存されるので、文章中には「貼り付け(ペースト)」をしなくてはなりません。「猫まねき」に比べて、1ステップ多めなのが気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 2日 (土)

DTI -> FC2の引っ越しでトラブル

Charlotte Moving Company-Moving Simplified-#1 Movers benboxstairs / movingsimplified

Charlotte Moving Company-Moving Simplified-#1 Movers benboxstairs / movingsimplified

お気を付け下さい。

DTIブログのサービスが終了するため、FC2に引っ越しました。

①トラブル1
移転後のデータを見ると、記事によってある個所以降が消失していました。

理由は、

   『半角のハイフン(-)』

これ以降がきれいに消えていました。

過去の膨大な記事と、サービス終了期限との狭間で呆然と立ち尽くしています。

②トラブル2
記事が重複しても、読めないよりはいいだろうと、先ほど改めてインポートしました。

すると、『文字化けばかりで、その日付の欄はあるけれど、中身はなし。』

理由は、

   『DTIのエクスポートデータの文字コード設定が間違っている』

具体的には、本文は「EUC-JP」で書き出されているのに、最初の宣言が「SJIS」になっているためのようです。

ただし、10月7日に引っ越しをした時には、文字コードは問題ありませんでした。
どこで何が起こっているのやら。

ちなみに、とんでもないことになったので、全データを削除して、インポート前にたまたま保存したデータから復旧しました。

----------------

期限はあと1か月です。
あきらめることはあきらめるしかないかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 1日 (金)

メールが届いたことを早く知りたい(複数アドレス使用の場合)

Classic Alarm Clock / zcreem

Classic Alarm Clock / zcreem

 先日相談を受けました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 大事なメールが来るのをいつ来るか、いつ来るかとパソコンの前で待っていました。

 といっても、ずっと座って待っている訳にもいかないので、ほかの用事をしながらたまに戻ってきては、「受信」をしていました。

 何かいい方法はないですか?

 スマホやタブレットは、メールが届くとチャイムが鳴ってくれるのでいいのだけれど、電池がもたないし、その重さが重いので持ち歩きたくないんです。

 使っているメールアドレスは、4つです。

 待っていたメールは独自ドメインだから、いつもメールソフトで受信しています。

 Gmailは、Gmailのサイトを開いて、

 Yahoo!メールは、Yahoo!のサイトを開いて、

 Hotmailは、Hotmailのサイトを開いてメールを確認しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 問題解決法は、いろいろあります。

 突っ込みどころも、いろいろあります。

 が、状況を整理して、提案していきます。

 前提として、

  ●「着信」がわかるようにしたいだけ。

  ●現在の4つのメールアドレスは、これまでの経緯と意図があるので、このまま使い続ける。

 こととします。

 その上で、以下の選択肢があります。

  ●すべてのメールを、ある一つのメールアドレスに転送して集約する。

   返信は、それぞれのメールアドレスから、普段通りの方法で行う。

    1.携帯電話(もしくはスマホ)に転送して、携帯電話を「メール着信アラーム」

      として使う。

    2.パソコン(Windows)用ガジェットで、デスクトップに「メール着信アラーム」

      を表示する。

  ●全てのメールを現状のまま、バラバラに管理する。

    3.パソコン用メールソフトで、すべてのメールを受信する。

    4.各メールアドレスに対応した、パソコン(Windows)用ガジェットでデスクトップ

      に表示する。

--------------------------------

★おすすめの方法

 1位

   1.携帯電話(もしくはスマホ)に転送して、携帯電話を「メール着信アラーム」

     として使う。

 2位

   3.パソコン用メールソフトで、すべてのメールを受信する。

 以上2つのみ、方法を記します。

--------------------------------

 1位

   1.携帯電話(もしくはスマホ)に転送して、携帯電話を「メール着信アラーム」

     として使う。

 その方法は?

 ①各メールアドレスで、

  「転送(データは削除しない)」、「転送先は携帯電話のメールアドレス」

  と設定します。

 ②携帯電話(もしくはスマホ)を、重くても、面倒でも必ず持ち歩きます。

 ③メールへの返信は、必ずパソコンから行います。

※注意:携帯電話の場合、制限があります。

  ・携帯電話で、「携帯からのメールしか受信しない」としていた場合は、受信不可

  ・添付ファイルのサイズが大きい場合に、受信できない場合がある。

  ・携帯電話のメールの最大保存容量(通数、ファイルサイズ)を超えると受信できない。

  ・思わず携帯電話から返信してしまうと、①記録が残らない ②携帯電話メールアドレスを相手に知られてしまう

※※Androidスマホの場合:

  ・転送先アドレスを携帯電話ではなく、現在使っているGmailに集約する方法がある。

  ・Android上の、アプリ「Gmail」は、ほかのメールアドレスへ届くメールを受け取ることができ、アラームも鳴らせる。受信制限がない。

--------------------------------

 2位

   3.パソコン用メールソフトで、すべてのメールを受信する。

 Windows7で、「Windows Live メール」の場合に限定して書きます。

 (ほかのOSでも同様です。)

 ①すべてのメールを「Windows Live メール」で受信できます。

 ②すべての受信メールが日付順に並ぶ、「クイックビュー」が一番上にあります。

 ③受信間隔を「15分おき」くらいにしておけば、急ぎの時も、普段も、どちらでもちょうど良いでしょう。

  もちろん、急ぎの時だけ「5分おき」に変更しても構いません。

※若狭の場合:Becky!2を使っています。このメールソフトには、「新着リスト」という名の、新着メールだけを別窓で表示する機能があります。
       http://www.rimarts.co.jp/becky-j.htm

--------------------------------

 おまけ その1 Gmailにすべてのメールを集める

 パソコン上のメールソフトだけではなく、Gmailにすべてのメールを集めることもできます。

 同様の機能は、ほかのYahoo!、Hotmailにもあります。

 「転送」「メール受信(POP)」など、提供しているサービスが異なります。

 最善の方法を組み合わせて使います。

--------------------------------

 おまけ その2 ガジェットを利用する

 ガジェットとは、1つ~数個の動作だけをするプログラムです。

 メールの着信を表示するガジェットもあります。

 たくさん公表されています。

 どれを使うかは好き好きですが、若狭の眼に留まったものを記します。

 ①メールチェッカーのいろいろ

   『メールチェッカーのいろいろ
    http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win/net/mail/check/

 ②Ez-MailChecker
   http://www.vector.co.jp/soft/winnt/net/se216077.html

 ③スキャンメール2
   http://www.vector.co.jp/soft/winnt/net/se486894.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »