« プリンタのインク黒が出ない ⇒ 解決 | トップページ | 日本語の文章を書くのが仕事なコーチの電子辞書の選び方 »

2016年5月 6日 (金)

Thinkpad Bluetooth Keyboardがやっと使えるようになった

LenovoBluetooth

Thinkpad Bluetooth Keyboardがやっと使えるようになってきました。

●キー配列の変更(MacOSに似た配列へ。最下段のMacbookAirのキーボードと比較)
●手触りでキーがわかるようにシールを貼る(写真の白丸シール)

これで、PS2接続のキーボード(Space Saver II Keyboard)といつ世代交代しても大丈夫です。

MacBA

※※とは言いつつ・・・・
キートップのプラスチック感がオモチャみたいに思えたり、
キーによってはもう少し深い方が好みなのか、キーボードの底にたたきつけるような感触が返ってきて、「腱鞘炎的に指に悪いかも」と思えたりもします。
「白いシール」を張らなくても、指で判断できるように「すき間を空ける」とか「キートップに突起をつける」とかしてくれればよかったのに、とも思います。

また、これまで使ってきたのがPS2接続のキーボード(Space Saver II Keyboard)なので、右側にテンキーは不要だけれど、3列の機能キーを置いてもらったら、こんな変則なことにはならなかったにとも思ったり。

PS2接続のキーボード(Space Saver II Keyboard)の左「Altキー」を押込むときに引っかかる感じがするのでそれを解決できれば、こちらも長生きできますね。
というか、このキーボードを使うために、Lenovoの直販で「PS2端子付き」のパソコンをカスタマイズしたくらいなので、このキーボードはお気に入りです。
キーボード用潤滑剤「スムースエイド」というのがあるそうなので、のんきに調べてみます。

※※※誰のせいでもないのだけれど、
MacbookAirのキーボード入力が思いのほか快適なことに気づいて、
両方を快適に使っていくには、
「キー配列」をもう少し手を入れた方がいいとなりました。
そのため、「Alt」「Ctrl」を入れ替えるという大手術になり、
キーボード自体は設定を替えるだけなのですが、

「『手』というか『指』が覚えていることを、『指』が覚え直さなきゃならない」

という大変恐ろしいことになりました。
大量の文章を書きながら、
「うわっ」とか「うえっ」とか声を上げながら、
やっとなじんできたところです。

キー配列の好みは人それぞれなのですが、
もしお知りになりたい方がいらっしゃれば、
「KeySwap」のデータで差し上げます。
興味ある方はお知らせください。

|

« プリンタのインク黒が出ない ⇒ 解決 | トップページ | 日本語の文章を書くのが仕事なコーチの電子辞書の選び方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214675/63584709

この記事へのトラックバック一覧です: Thinkpad Bluetooth Keyboardがやっと使えるようになった:

« プリンタのインク黒が出ない ⇒ 解決 | トップページ | 日本語の文章を書くのが仕事なコーチの電子辞書の選び方 »