« 郵便局から安く送るための情報一覧-2016秋 | トップページ | 定期的なパスワード変更は必要? »

2016年11月17日 (木)

安く送るための情報一覧-2016秋(着払い編)

郵便局から安く送るための情報一覧-2016秋
http://bureau.core-infinity.jp/2016/11/postal-service/

の続編です。
~~~~~~~~~
『着払い』でいかに安く送るか?+損害賠償があるか?

おそらくこの二択です。
「ゆうパック」「宅急便コンパクト」

着払いできる送り方調査
60サイズ(60cm以下)を例に。

●ゆうパック
http://www.post.japanpost.jp/service/you_pack/use.html

・実損額(30万円まで)の損害賠償
・送付先が近畿の場合、740円(関東の場合 840円)
・持ち込み割引 120円
・同一宛先割引(1年間) 60円
・複数口割引 60円
・代金引換も可能(+260円)

  計算例 740-120=620円

●宅急便コンパクト
http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/customer/send/services/compact/
dscf007012-2

・責任限度額 3万円
・箱・封筒代 65円
・送付先が近畿の場合、594円(関東の場合 648円)
・持込割 100円
・クロネコメンバー割 10 or 15%引き

  計算例 594+65-100=559円

※宅急便コンパクトの箱、封筒のサイズ
 箱:250mm×200mm×50mm
 封筒:248mm×340mm(厚みは入るだけ)・・・・レターパックと同サイズ

~~~~~~~~~
※参考
以下は、着払い不可、配送時損害賠償の対象外
レターパック
https://www.post.japanpost.jp/lpo/letterpack/index.html

●レターパックライト(360円:速達)
・340mm×248mm×3cm以内
・4kg以内

●レターパックプラス(510円:速達)
・340mm×248mm(厚みは入るだけ)
・4kg以内

|

« 郵便局から安く送るための情報一覧-2016秋 | トップページ | 定期的なパスワード変更は必要? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214675/64506319

この記事へのトラックバック一覧です: 安く送るための情報一覧-2016秋(着払い編):

« 郵便局から安く送るための情報一覧-2016秋 | トップページ | 定期的なパスワード変更は必要? »